星ヲ奏デル者

自称デッキビルダー、へたれ君主の大戦日記。趣味のイラストも稀に公開です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

柵の置き方について

皆さんは柵を配置する時、どんな配置をしますか?
横一列や城門守備型、城門に誘き寄せる型など様々な基本配置があると思います。
saku1

自分は以前この配置にしていました。しかし微妙な置き方により弱点が出来てしまいます。
端に隙間が無く端攻めを阻止でき、さらに城門を守るパターンですが・・・一番端を攻めると稀に一瞬で柵が壊れます、これは柵にはじかれ戦場壁に当たり、また柵にぶつかる、を繰り返しているからですね。
一枚壊されると隙間が大きくなり伏兵や突撃を受けやすいのも少なからず弱点です。逆に一枚壊されれば次に相手が攻めるのは破壊した場所なので、槍の配置などがやりやすいのは利点です(槍だけにw)。
saku2

こちらは某雑誌で戸橋ことみさんが配置していたものを偶然見つけたものです、最近はずっとこの配置ですね。
この配置にすると、先頭の柵が壊されても後ろの柵で守れるというもの。一枚壊されても突撃や伏兵に当たりにくい利点がありますね。欠点は両端の守りが疎かになりがちで、弓兵主体だと端攻めに弱くなります。柵の中が狭くなり、かなり密集してしまうのも欠点ですね。

平地や左右対称な地形だとこの配置でいいんですが、問題は「悪地形(ダメ地形)が戦場中央の場合」と「櫓が片方に沢山有る場合」の二つです。
自分は配置を換えて不安定になるのが怖く、どの場合でも上の配置です。しかし、地形に合わせて柵の置き方を変えるべきなのか・・・これに悩みます。
前者は前の柵の意味が薄れる上に、業炎の配置が問題。特にダメ地形だと重ねるのも効果的ではないので左か右か・・・いっそ業炎の範囲が狭くなったので、兵軍連環を使ったほうがいいですかね。
後者は流星デッキとしては片方に配置すべきだと思います、しかし、自分のデッキは麻痺矢も兼ねているので狭い配置にしてしまうと弓兵が入りきらないのです。

毎回地形に合わせて配置を変え、相手の嫌がる配置にするのが理想なんですが・・・読み合いも難しいですね。
柵の置き方、陣略の配置などアドバイスあればコメントにお願いしますw

| 三国志大戦 | 03:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。